2018年02月10日

『まったく。』

 まったく、どうしようも無いな。と、自分でも思う。
また自転車を買ってしまった。
Bianchi MINIVELO10 DROP LEPRE 2016。
RZ180210004.jpg

 この前徒歩で散歩に行った時に、
何気なく立ち寄った自転車店に置いてあった。
一番小さいフレームサイズで、
身長168cmの僕でギリギリ。
メインコンポは10速Tiagraでシフトはダブルレバー。
スレッドステムのべっ甲模様の泥除け付き。
クラッシックな雰囲気のクランクセットがついていた。
系列の店舗で2年間売れ残って居たそうだ。
そう言う訳でかなりの値引き率。


 ダブルレバーのクラシカルな雰囲気の自転車は
前から気になっていた。
「のんびり走るならばダブルレバー」って言う位の決め付けイメージを膨らませていた。
普段、出掛ける前は「のんびり行こう」と思っていても、
ロードに乗ってしまえば妥協出来ない何かが心に湧いて来て、
景色を楽しむよりも走りに傾倒してしまう。
この「のんびり行く」為の言い訳を用意できるのがダブルレバー。
そう思った。
もちろんクロスやMTBでものんびりできる。
でも、楽に走れると言う事であれば、
やはりドロップハンドルの自転車に分があると思っている。

 と言う訳で、
出会って数分で「買います」と言っていた。
今日は初乗り。
一切「頑張る」場面を作らず、たらたらと走って来たが、
本当にいい感じだった。
本当に一切頑張らなかった。頑張る必要など一切感じなかった。
他のローディーに抜かれようが全く気にならない。
ママチャリより遅くったっていいもんね、と。


ああ、素晴らしい脱力感。

そうそう、
自転車乗り始めた頃はこんな風に走っていたっけ。


大体、
ダンシングするとハンドルバーやダブルレバーに膝が当たってとても危険。
スプリントなんかしたら単独事故確実。
カンチブレーキなんか全然効かなくって本当に恐怖。
下り坂で「止まれないっ」って全力でレバー握った。

この自転車で頑張ったら死んでしまうかも知れない。


頑張ったら死ぬ自転車。
ようこそわが家へ。



より一層ダラダラしている今日この頃でした。

暖かくなったら頑張ればいいや。



ラベル:Optio RZ10 Lepre
posted by yam(ヤム) at 17:27| Comment(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする