2020年01月19日

『続 ボディキャップ・レンズ。』

ボディキャップ・レンズのパンフォーカスで撮るスナップが楽しくて、
今週も引き続きスナップ・ショット。


オリンパスのボディキャップ・レンズは2種類。
フツーのヤツとフィッシュ・アイのヤツ↓。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリンパス 15mm F8 ボディキャップレンズ BCL-1580 レッド
価格:3025円(税込、送料無料) (2020/1/19時点)










先週まではフツーのヤツを買って色々スナップを撮って遊んでた。
今週はフィッシュ・アイのヤツも買ってしまった。



Lepreでさいたま新都心まで行って、
フィッシュ・アイっぽい写真撮って見よー!



てっぱくの新幹線を線路のこっち側から撮って見た。
EPL3-200119082.jpg


おおー!円くなってる!


本当のちゃんとしたフィッシュアイとは違うらしいけれど、
本当のヤツを知らないからいいよ、これで。


新都心到着。
EPL3-200119113.jpg


スーパー・アリーナの周辺はアニメのイベントやっていて
人でごった返していた。


う〜ん、羨ましいぃ。
俺もこういうビジネスをやりたいな。
ビジネス向けのシステム・エンジニアなんて下請け構造の「底」。
普通にやってたらいくら頑張っても....

言っても仕方ない、ガンバロー。



ビルをフィッシュ・アイ。
EPL3-200119021.jpg


反射するビルもフィッシュ!
EPL3-200119023.jpg


色々撮って見よう!


EPL3-200119039.jpg

EPL3-200119044.jpg

EPL3-200119054.jpg

EPL3-200119077.jpg


時間も無くなって、自宅付近へ戻る。


花の上に水滴が...マクロじゃないと無理だった。
EPL3-200119080.jpg



そもそもフィッシュ・アイって魚の視点って意味?


魚って世界をどう見ているのだろうか?






posted by yam(ヤム) at 16:50| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする