2009年07月11日

『2009/07/11(Sat) S沼。』

夕方1時間だけ、S沼へ行って来ました。

アオコは流れ去って水は大分綺麗になっていました。



岩エリアから始めて見ます。

カットテール3.5”(スモーク)のノーシンカーを
オフセットで。


沖側の杭、手前の杭、岩とやってみました。

基本ずる引きで引っかかったらシェイク。

ノーバイト。




時間が無いのでどんどん移動。



ブレークに沿って回遊してないかな?と

深い方へ行って見ます。




ブレークをスモラバ(グリパン)+シャッドリンガー3”で。



ずる引きしたり、


リフト&フォールしたり、


ミドスト気味に少し浮かせて泳がせて見たり。



でも、ノーバイト。





サクっと移動します。




水中に投棄されたパイプ。


スモラバのリフト&フォールで子バスらしきバイト。

しかし乗りません。



移動。



捨て杭エリア。


カットテール3.5”(グリパン)の猫。


ずる引き&シェイクで。



しかしノーバイト。




コレでお終いです。






ほぼノーバイトでした。





夏は北側の方が良いかなぁ。



今日使ったルアーです。

20090711_1.JPG









釣れませんなぁ〜。


夕方1時間でもカトテかスモラバなら
1匹位釣れんじゃないの?って思ったんだけどなぁ。




釣行後の雑感も書いちゃいます。




「バスの季節毎の付き場について」

深場のブレークって、

秋や春に釣れてたから、

「夏←→冬の通り道」って事でハズレでは無いと思ってます。


問題の一つは「どこから来てどこへ行くのか?」って事かなぁ。

夏の付き場と冬の着き場。


着き場が分かって、んで、次に釣り方かな?


着き場を特定するには釣らなきゃならないので

どちらも同時に分からないと意味は無いんだけど。



ともあれ、
着き場を想像してからじゃないと
釣りが始まらない。


移動パターンとして考えているのが「横パターン」と「縦パターン」。



「横パターン」はエリアを移動するパターンで、
もちろん深さも変わるので縦移動の要素も持っています。
南側の深場で越冬して、北側の浅場で夏を過ごすって感じ。


「縦パターン」はエリアは変えないで深さだけが変わる。
深場で越冬してスポーニング前や冬前に捕食を優先して
浅場に上がる感じ。


もちろん、これ以外の動きをするヤツもいて「大まかに」って前提。


北側は釣り込んでいないので状況があまり良く分からないので
もう少し釣りをして見ようと思いました。





「スモラバのトレーラーについて」

レインズ キックリンガーが在庫切れしてしまったので
同じくレインズのシャッドリンガーを使って見ました。

スモラバのトレーラーは消費が激しいので
コストパフォーマンスの良いレインズのワームを使う事が多いです。

キックリンガーはノーアクションでゆっくりとリトリーブした時に
尻尾を「プリプリ」と振るわせます。

そのアクションが気に入っています。


シャッドリンガーも尻尾の動きをを期待していたのですが、
アクションを加えないと、ほとんど「プリプリ」しません。



残念。



キックリンガー探しに行こうかなぁ。
posted by yam(ヤム) at 19:47| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック