2013年06月16日

【バス釣り】『柴山沼。バス1匹。』

天気予報の通り、
午後には雨が上がりました晴れ

お日様も出てきて、
すごく蒸し暑いっす。あせあせ(飛び散る汗)


サドルをいじったMR4で走るか、
フレームと同じ色のヘルメットを買ったCADETで走るか、
釣りに行くか。


暫く迷って、
バス釣りに行く事にしました。


「スピニングでカバー」な感じ。

タックルはfenwick FVR60SLJ & DAIWA CALDIA 2005です。
H90_3696.jpg



柴山沼で15:30頃から釣り開始です。
H90_3685.jpg




スモラバ&キックリンガーでカバー撃ち。




暫く撃っているとラインが「スーーー」っと走って。
H90_3687.jpg


20cmちょっとのバス。
あまり力なく直ぐに上がって来ました。




所々見えバスがフラフラと泳いでます。
コイツラは遊んでくれません。



所々巨ゴイも泳いでいて、
ビビられて、こっちもビビリます。




暫く続けて、
またラインが走りました。

今度は平べったいヤツ。
H90_3689.jpg




ルアーをバグアンツのライトテキサスにチェンジして、
カバー撃ち継続。





ライトテキサスには反応なし。

次にマイクロフリックのダウンショットにチェンジして、
カバー撃ち継続。






距離感が都会並みの一部のバサーに辟易しつつ。





なんだか飽きてきちゃって、
1時間半で撤収。





コイノボリのワイヤーには
ルアーが鈴生りでしたたらーっ(汗)
H90_3698.jpg


バス1匹、ギル1匹でした。




バス釣りはバス釣りで楽しいるんるん

でも、
距離感だけ言えば、
自転車はバス釣りより心地良い。



他人の干渉は最小限で済むから。




決まった広さの空間で、
何人もの人が楽しむ釣りの様なレジャーに比べて、
空間が限りない自転車には自由を感じます。




だから、
ポイントを大事にしたい、
秘密にしたいって気持ちがあるのでしょうね。



難しいところです。


















ラベル:バス
posted by yam(ヤム) at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | バス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック