2017年05月02日

『新・チョイ乗りバイク。』

2017/04/28 20:00頃
『ポチっ!』
(○イクリーのHPで中古フレームを注文した音。)


2017/05/01 11:00頃
『ピンポーン!』
(注文した中古フレームを運送屋さんが届けに来た音。)



と、言う訳で。
RZ170501003.jpg


4/29(土)に葛西まで走ったダメージが抜けず、
ゴロゴロしてたのでちょうどいいやと組み立て始めました。


一番最初に買ったロードバイク、
中古のSpecialized Allez Double。
RZ170501006.jpg


今まで同じ自転車に乗っている人を見たことが無い。


サイズがXSで、
僕の体だとギリ上限超える位で少し窮屈。

硬いフレームで、
路面の細かな凹凸も振動がキッチリ伝わって来て、
キツイのはキツイのですが、
走行感がダイレクトなのは好きでした。


最近は大分出番も減って、
天気が悪くなりそうな時とか、
チョイ乗りの時用になっていました。


このフレームの小ささには若干の不満。

飽きて来たのもあったので、
安くてデザインの良いフレームを
「○フオク」や「○イクリー」で物色していました。

「○イクリー」で中古フレーム半額セールというのを
連休にやっていたので思わず購入となった訳です。


元々それほど高価な車体でもなく、
傷も多かったので\43000が半額の\21000になりました。

店舗は関西地区で送料\4000。


サイズはMで、
これまた僕の体とサイズが若干あっていないのですが、
まぁそれはそれ。


単純にデザインに惹かれました。

これもチョイ乗り用にするので、
お金を掛けるつもりはありません。

パーツはすべてAllez Doubleのモノを流用するつもりでした。

ただしFDだけはAllezはバンド式でFCR0は直付け式なので、
購入が必要です。

仕方がないので近所の○イクリーでSORAの直付けを購入。

しかし
固定ネジがなめてしまっているのをつかんでしまいました。
○イクリーは一旦持ち帰ったら返品はできません。
再度FDを買う羽目になりました。
まぁFDで良かった。(安価だから)お勉強代です。

ネジのなめた物を平気で中古屋売る人は
バチが当たって欲しいです。


さて、
5/1の11時頃に配達されて、
そこから組み始めて、
5/2の15時くらいに完成。


一番心配だったのは、
ワイヤが内蔵式のフレームと言う事。

写真で見る限り
ワイヤーは綺麗さっぱり抜かれてしまっています。

これをうまく通せるかどうか。

到着前に、
ネットで色々と情報を仕入れて置きました。


このFCR0のフレーム、
振ると中で「カラカラ」と可愛い音がします。

何かがフレーム内に入ってしまっている様です。

何はともあれ
ワイヤをフレームに通します。

まず試した方法は「掃除機」。
RZ170501008.jpg


スレッドをフレームの中に入れて置いて
掃除機で吸い出す方法。

スレッドを入れる穴と出す穴だけ開けて置いて、
他の穴を粘着テープで塞いで掃除機で「ぐぉぉーーーー」と。

意外と簡単に通せました。


さらにラッキーな事に、
スレッドがフレーム内の異物に絡まって、
異物も取り出せました。
RZ170501007.jpg

ライナーの一部ですかね?


一番懸念していた作業は上手く行きました。


後は淡々と・・・と思っていたのですが、
FDがネジなめしてたり、
Allezからクランクが外せなかったりと、
余計な手間が掛かってしまいました。

特にクランクは頑張れば外せるんだろうけれど、
どうにも頑張る気になれません。

仕方がないので、お金を使うことにしました。
中古クランクとBBとホローテック2用の工具一式購入。

クランクはSORA、
使った形跡が無いものでした。

余計な出費ですが仕方がありません。
楽をするためです。


だんだんと面倒くさくなり、
新品に張り替えるつもりでいたアウター・ケーブル/インナー・ケーブルも、
Allezから「ポンっ!」
FCRに「ポンっ!」
としてしまいました。
もちろん追加で張らなければならない箇所もあります。

バーテープは予備で買って置いたモノを巻きました。



もう一つ、懸念点があります。
ボトルケージ台座です。


FCRはダウン・チューブが特殊な形状の為、
ボトルケージの台座がシートポストにしかありません。

今現在、
携帯ツール類はツール缶に入れて共用しているので、
このままだとボトルかツール缶しか持って行けません。

悩んだ末に、
サドル・レールに取り付けるボトルケージ台座アダプターを
買いに行って来ました。

ミノウラのSDH-80と言う製品です。


大宮のセオまでカデットで。
RZ170502009.jpg


ポタリング日和ですね。

せっかく買ってきたアダプターでしたが、
上手く取り付けられませんでした。

サドルは余っていたローミンを付けました。

このサドルのレール角度と、
サドルの取り付け位置では
シートポストに干渉してしまって
上手く取り付ける事ができません。


頭を絞って・・・


最近クロスバイクを息子と共有する事にしました。

どうせ息子には使えないツールは意味がなく、
サドルバックは取り外しました。

それが余っていたっけと、
そいつを丸々付けようと・・・

このエアロなシートポストには付けられません(泣


う〜ん・・・

そうだ、
そう言えばサドルレールにねじ止めするサドルバックが
余っていたっけとゴソゴソ。

サドルバックの中身を引っ越し。

はぁぁぁぁぁ、何とかなった。

サドルバックは上半分が重くなるから嫌なのだけれど、
仕方がない。

なお、
携帯ポンプもクロスバイクから外して付けました。


一通り組み立て完了。

FDとRDの調整も大体OK!


後はポジション出し。

近所をくるくると回りつつ、
サドルポジションを出しました。

まぁこんなものでしょう。

なんとか完成。(写真はサドルバック取り付け前)
RZ170502011.jpg


[訂正 2017/05/03]
このフレームは硬い、
Allez Doubleと同じかそれ以上。

ちゃんとレーパン履いて走って来たら、
それほど硬いと感じなかった。
多分、Allez Doubleの方が硬い。
↓下記はこの通り。

Allez Sprintより全然硬い。

それに重たい。
二階から上げ下げする時、
ずっしりと感じました。

シートステーなんかAllez Doubleの倍くらいゴツイもんな。

これで長距離は走りたくない。

見た目は格好いいので
チョイ乗りバイクとして活躍してもらいましょう。

Allez Doubleと性格・役割は同じかな。

元々メーカーの謳い文句もそんな感じだったしね。




Allez Doubleのこれまでの走行距離は8089.8kmでした。

ラベル:FCR0
posted by yam(ヤム) at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック